おすすめニュース



    NO.10039252
    「アンダーバー」と言っている人は昭和のオジサン認定!? うそだろ?「_」の正しい読み方とは?

    「_」の正しい読み方をご存じだろうか。世代によって、「アンダーバー」や「アンダースコア」のほか、様々な呼び方があるという。今回は、現在ツイッターで話題となっているSpica(@Kelangdbn)さんの投稿をもとに、「_」の正しい読み方について探っていくと、30代の方々には注意していただきたいことが浮かび上がってきた…。

    Spica(@Kelangdbn)さんのツイート(画像:ツイッターの投稿画像を引用)

    12月1日、Spicaさんは自身のツイッターアカウントにて、「_」の読み方についてツイート。さまざまな記号とその読み方が一覧になっている画像をもとに、「_」の読み方が「underscore」(アンダースコア)になっていることに注目し、「『アンダーバー』ではなかったのか」と驚きを明かしている。「_」を「アンダーバー」と読むと思っていたSpicaさんだが、どうやらアンダースコアと読む場合もあるという。

    同ツイートには様々な反響が寄せられ、「_」を何と読むかについて議論が繰り広げられている。「アンダーバーだと思っていたのだが……違うのか?」「アンダーバーって言い方しか知らなかった」と、Spicaさんに共感する意見や、「アンダーバーを使うのはおじさんだと言われていて静かに泣いた」「アンダーバーって呼ばないの?ショック……」と、ジェネレーションギャップを嘆く声などが上がっている。また、「“アンスコ”呼びが楽なので“アンダーバー”に戻れない」など、アンダースコアをアンスコと略す人も多いようだ。

    年齢の離れた上司や部下と年齢判定用語を何と呼ぶかで盛り上がることも

    実は、アンダーバーは和製英語で、正式名称はアンダースコアだという。アンダースコアとは、もともとアンダースコアはタイプライターでアンダーラインを引くために設けられた記号のこと。その後インターネットが普及し、メールアドレスやURLを作成する際のスペースの代わりとして使われることが増えていった。日本でもIT業界や一般的にアンダースコアが使用されるようになり、アンダーバーが和製英語として浸透していったと考えられる。

    昭和生まれでアンダースコアと呼んでいる人も見受けられ、年齢の差で呼び方が違うというわけでもないようだ。ネットでは「_」の呼び方をきっかけに、「コンパネはどの年代になるんだろうか」「アケコンではなく『ジョイスティック』と呼ぶと年齢バレするし、コントローラーではなく『ジョイパッド』と呼んでも年齢バレする」など、そのほかの年齢判定用語についての意見も寄せられている。

    日常のふとした会話で「この人おじさんだな」と思われてしまう年齢判定用語。ジェネレーションギャップを感じさせないためにも、アンダースコアをはじめ、何気なく使っている年齢判定用語について、周りの人の読み方を気にかけてみてはいかがだろうか。

    参照元:「アンダーバー」ではなかったのか。【Spica(@Kelangdbn)さん】

    ※サムネイル画像(Image:「Spicaさん」Twitterより引用)

    【日時】2021年12月06日 07:30
    【提供】オトナライフ

    【「アンダーバー」と言っている人は昭和のオジサン認定? うそだろ?「_」の正しい読み方とは… あなたは知ってる?】の続きを読む


    生で食べる馬肉「馬刺し」=韓国報道 - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.10038091
    生で食べる馬肉「馬刺し」=韓国報道
    生で食べる馬肉「馬刺し」=韓国報道
     日本料理である「馬刺し」は馬肉の刺し身だ。生の馬肉を薄く切り、醤油や生姜などを細かく切った薬味と一緒に食べる。酒の肴として人気がある。脂肪が全くない赤身は硬い触感を楽しむことができ、マーブリングがある部位は柔らかくて大衆的だ。多くの部位の中でマーブリングが豊富な肩肉を最上級とする。

     馬刺しの起源を戦争に求める分析が有力だ。文禄の役当時、兵糧米が底をついた日本人が軍馬の肉を食べたことから始まったという。戦争の最中、肉を焼いて食べるのは容易なことではなかった。火を起こすことは容易ではなく、煙と光のせいで敵に見つかる危険性があった。そのため、馬肉を生で食べたことに由来して、馬肉を生で食べる文化が現地に伝わったという。

     実際に文禄の役のときに先陣に立っていた加藤清正が現在の熊本県を治めていたが、現在、日本で馬刺が最も大衆的な地域が熊本県である。

     当時、日本では肉食禁止令が出されていたことを考えると興味深い。日本は675年から1868年の明治維新までの約1200年間、肉食を禁止していた。仏教を国教として受け入れていたため、殺生を禁止することを目的に当時の天皇が肉食禁止令を宣布したのだ。それにも関わらず戦争を起こしたことは矛盾しているが、馬刺しも肉食禁止令の例外ではなかった。

     馬刺しの起源は口承されているものに過ぎず、史料として伝えられている内容はないという。ただ、最近の戦争史を探ってみれば、参考するに値する。フランスはパリ攻城戦(1870~1871)当時、肉が不足すると馬肉を食べ始めた。第1次世界大戦当時、軍人たちが死んだ馬を食糧とし..
    【日時】2021年12月05日 16:48
    【ソース】WoW!Korea

    【【韓国報道】生で食べる馬肉「馬刺し」】の続きを読む


    『M-1』2019年王者・ミルクボーイはどこへ...?「見事にテレビから消えた」 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.10036261
    『M-1』2019年王者・ミルクボーイはどこへ...?「見事にテレビから消えた」
    『M-1』2019年王者・ミルクボーイはどこへ...?「見事にテレビから消えた」
    2019年の『M-1グランプリ』チャンピオンに輝いた、お笑いコンビ『ミルクボーイ』。王者獲得直後は連日のようにテレビ出演していたが、現在は姿を見る機会が激減してしまった。果たして彼らは今、何をしているのだろうか…?

    彼らのネタとして真っ先に思い浮かぶのは、「M-1」決勝戦のファーストラウンドで披露した「コーンフレーク」だろう。大会史上最高得点を叩き出し、審査員はもちろん、視聴者にも強烈な印象を与えた。

    「M-1」放送後はバラエティー番組に引っ張りだこだった彼らだが、日に日に姿を見る機会は減少。漫才の実力があるにもかかわらず、バラエティーでは爪痕を残せず消えていった印象だ。

    そんな「ミルクボーイ」に対して、ネット上では、

    《ミルクボーイ、見事にテレビから消えたな…》
    《どこいったんや?》
    《その特徴は完全に一発屋やがな》
    《コーンフレーク芸人》
    《M-1チャンピオンは消えて2位が人気出る説マジであるよな》

    などの声が寄せられている。確かに2019年の「M-1」で2位だった『かまいたち』は連日メディアに出演している。

    【日時】2021年12月04日 10:32
    【ソース】maijitu
    【関連掲示板】

    【『M-1』2019年王者・ミルクボーイはいったいどこへ...?「見事にテレビから消えた」の声】の続きを読む


    どこまでが正解? 2回目デートがわりと難しい理由と距離の縮め方 | ニコニコニュース



    2回目のデートがわりと難しい理由

    男性たちが「本命ちゃん」には絶対しない7大行動!

    初めてのデートは、誰だって緊張するものです。2人きりというシチュエーションに慣れていなく、相手との距離感を探る必要があるからです。

    そのぶん緊張感があり、初めてのデートは多少相手が失敗しても受け入れることができるでしょう。

    一方で2回目のデートはどうでしょうか。「もしかして合わないかも」という気づきを得ることもあれば、あまりに他人行儀だと「好きレベルの違い」を見せつけられたような気持ちにもなります。

    2回目のデートはどこまでが正解?

    では男性は2回目のデートでどこまで距離感を縮めてもいいと思っているのでしょうか? 実際に聞いてみました。

    手繋ぎはOK

    「自然な流れだったり、その女の子の性格的に『手をつないでいい?』と言われたら悪い気はしないと思う。あまりいやらしいスキンシップではないので、受け入れると思います」(男性Mさん・21歳/大学生

    手繋ぎくらいなら、2回目のデートのムードによっては許容だとのこと。時間を決めて手をつなぐなど相手の気分を伺う様子があれば、悪い気はしないでしょう。

    あらたまったハグは避ける

    「2人きりでもまだ緊張するのに、いきなりハグを求められても困ります。でも距離が近いのは大歓迎かな。寄り添う感じなら嬉しいかも」(男性Eさん・31歳/エンジニア

    ハグまでは「さすがにやりすぎ」といった答えが多かったです。しかし、歩いている時に肩が触れるくらいなら許容な男性も。お化け屋敷で抱きつくなどは、展開が想像しやすく「熱意が怖い気がする」という男性もいました。

    キスは避けた方が無難

    「正直2回目のデートでキスは控えます。あまり親密になっていないし、そんなに焦る必要もないと思うから。

    たとえば酔った勢いでという場合も“2回目のデートなのに、そんなに酔っ払う?”と、ちょっと残念な気分になります」(男性Sさん・29歳/公務員

    2回目のデートではキスを避けるのが無難。求めることも、頬にすることも控えましょう。来る時まで大事にとっておくのが理想です。一緒にいることを純粋に楽しむべき時間でしょう。

    2回目のデートはどんな場所が理想的?

    2回目のデートは、より2人の絆を深めるようなスポット選びが重要です。

    食事が好きな2人にはカジュアルなお店

    いきなり、かしこまったレストランにいく必要はありません。場所慣れしていないところだと、会話も緊張してしまいがち。

    ここはちょっとおしゃれレストランで、話すことに困らないランチなどから距離を縮めていきましょう。ファミリーレストランや、お食事もできる喫茶店なら、周りの声につられてより会話が弾むかも。

    もっと深く話したいなら…?

    深い話をしたいならおしゃれで静かなバー

    2人とも話すことが好きな場合は、これまでに幾度となく相手の情報を掴めてきたかもしれません。周りが賑やかな環境は、ときに雑音で彼の話に集中できない場合も。

    バーなどの静かでおしゃれな空間がおすすめです。より親密になれるような騒がしくない環境でのデートを試してみてください。

    クールな彼には水族館

    話すことが見つからなかったり、2人とも人見知りな場合は共通の話題を見つけられるスポットがおすすめです。

    水族館なら、落ち着いて話もできますし天候に左右されることがないので、2回目のデートスポットとしておすすめですよ。

    2回目のデートは何を話せばいい?

    2回目のデートでは話題にも困るもの。2回目のデートが楽しいものになるような話題選びも重要です。

    仕事の話

    仕事の話を嫌う男性は少ないでしょう。唐突に「仕事は何しているの?」と聞くと違和感があるので、まずは「仕事は忙しい?」「休日は?」など、仕事に関係するような会話の切り出し方がベターです。

    好きな食事の話

    食べるということが嫌いな人はあまりいないので、好きな食べ物について聞いておくと次回以降のデートの提案もスムーズになります。「イタリアンは好き?」など、大枠から好きな食べ物を探っていくといいでしょう。

    そのとき自分の好きな食べ物についても話題に出すと、男性もあなたのことをより理解しやすくなり会話が弾みやすいです。

    休日の過ごし方

    休日の過ごし方を聞けば、彼の趣味や友達関係がなんとなく見えてきます。「休日はヨガをしている」など自分の話をしたあとに、彼の休日のことについても踏み込んで聞いてみてください。

    実家や友達の話

    家族に関する話題は、人によってはあまり進んで話したくない場合もあるので、軽いタッチがいいでしょう。「友達とはどこいくの?」「どこがご実家なの?」など、関係性を深く探らないような会話がいいでしょう。彼が話してくれたぶん、自分の情報開示もお忘れなく。

    2回目のデートは、以前より親密になれたような気もすれば、まだ他人行儀なところもあり難しい関係性です。

    まだ彼から「付き合おう」などの言葉が出てこない場合はとくにドキドキするデートになります。帰りがけに思い切って「私たち付き合ってるよね?」など質問してみるのもいいでしょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【どこまでが正解? 2回目デートがわりと難しい理由と距離の縮め方とは】の続きを読む


    吉岡里帆「どんぎつね」CMの新展開が支持されたワケ - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.10035133
    吉岡里帆「どんぎつね」CMの新展開が支持されたワケ
    吉岡里帆「どんぎつね」CMの新展開が支持されたワケ
    11月前期のCM好感度ランキングでは、日清食品『どん兵衛』の新CMが自己最高タイとなる総合2位につけた。同商品は星野源が“どん兵衛を食べる男”、吉岡里帆が“どんぎつね”を演じるCMシリーズを2017年5月にスタート。ふたりのコミカルかつほほ笑ましい掛け合いが好評で、国民的なヒットを続けてきた。

    星野が新垣結衣との結婚を発表した今年5月には、Twitterでどん兵衛の公式アカウントが祝福のメッセージを投稿。サングラス姿の吉岡が星野を“容疑者”として事情聴取するようなCMのワンシーンに「おめでとうございます」というコメントを添えたもので、15.9万件の「いいね」といった大きな反響が寄せられた。

    その後9月末から放送された「心にしみるWだし」篇(21位)では、寂しげにかつお節を削っていた吉岡が窓の外に眼鏡を投げ捨てる様子や眼鏡を拾い上げる男性の後ろ姿が描かれ、SNSではその人物の正体を推測するさまざまな声が挙がっていた。

    【日時】2021年12月03日 15:01
    【ソース】東洋経済オンライン

    【吉岡里帆「どんぎつね」CMの新展開がなぜ支持された?】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ