NO.9857840
中国の若者は“すぐに”答えられたが…日本人の多くがまともに返せない「一つの質問」
中国の若者は“すぐに”答えられたが…日本人の多くがまともに返せない「一つの質問」
早稲田大学名誉教授・浅川基男氏の著書『日本のものづくりはもう勝てないのか!?』より一部を抜粋・再編集し、各国と比べた日本の現状について見ていきます。

■日本の凋落は「他国の前進」…講演会で痛感したこと
日本の凋落は、裏返せば中国や東南アジア、欧米諸国の躍進・前進である。

2015年、筆者は台湾の鉄鋼メーカーから、棒線圧延の講演を依頼された。棒線圧延工場を見学後、30人ばかりの棒線技術者を対象に、塑性加工に始まり、圧延の力学、そして棒線圧延の理論と実際について講演した。日本鉄鋼協会でもたびたび講演している内容なので、地元台湾人の流暢な通訳に助けられ、1.5時間ほどで講演を終了した。

終了後、幹部による雑談を交えた食事会があり、さて辞去しようと思っていたところ、再び講演会場に戻された。そこには、講演を聞いた先ほどの若手エンジニアが待っており、質問タイムとなった。質問は40代、50代の幹部からではなく、20代、30代の若手エンジアからである。それから、延々3時間、理論的な質問だけでなく、現場操業技術や品質にまで及んだ。

若手エンニジアの表情は極めて真剣、好奇心に満ちており、お義理な質問などは皆無であった。終了後は、疲れよりも日本では味わったことのない、講演者冥利に尽きる清々しい気分を味わうことができた。

このような体験を日本で味わったことがない。日本では上司が出席する会議では、若いエンジニアはほとんど質問しなくなる。質問が出ても、直截な言い方ではなく、講演者に気を使い、質問の内容も焦点が絞れていないことが多い。一番の日本人若手の質疑応答の改..
【日時】2021年09月21日 15:46
【ソース】幻冬舎ゴールドオンライン
【関連掲示板】




#4 [匿名さん] :2021/09/22 07:13

>>0
対日感情あるのに何故日本の小京都を再現した街をつくるんですか?ニ ホ ン ゴ ワ カ リ マ セ ンwwwもういいからさっさと*👆(・_・)👎💢


#1 [匿名さん] :2021/09/22 07:04

ざまー💩ジャップ


#3 [匿名さん] :2021/09/22 07:09

>>1
はーい、お薬の時間ですよ
(-。-)y-~


#2 [匿名さん] :2021/09/22 07:07

日本の若者=アホ


#6 [匿名さん] :2021/09/22 07:15

>>2
先人にまともな奴居ないからね
老人の犯罪者は増加の一途


#5 [匿名さん] :2021/09/22 07:14

質疑応答は予めシナリオが用意されている


#7 [匿名さん] :2021/09/22 07:16

>>5
夢見んなよ