おすすめニュース

    2021年10月



    NO.9951772
    《京都のトロッコ列車でピース》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサー・渡辺淳之介(37)が元ハロプロアイドルと“お手つき”不倫旅行&半同棲
    《京都のトロッコ列車でピース》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサー・渡辺淳之介(37)が元ハロプロアイドルと“お手つき”不倫旅行&半同棲
    10月20日早朝、渋谷区の高級住宅地のマンションから1組のカップルが荷物を抱えタクシーに乗り込んだ。

    約2週間にわたって同じマンションに出入りしていたものの、決して2ショットにならなかった2人は、この日は一緒にエントランスを出ると、キョロキョロと周囲を見回すなど警戒モード。明らかに“ただのカップル”ではない空気を漂わせていたが、実は男は人気のアイドルプロデューサー。隣の女性は、小学生の頃からアイドルとして活動してきた超ベテラン人気アイドルだ。

    2人は乗り込んだタクシー内で顔を寄せ合い、笑みをうかべていた。走ること20分、品川駅で下車すると新幹線に乗車。並んでグリーン席に座り、手にした酒で乾杯したのだった——。

    ■人気アイドルグループのプロデューサーと、元ハロプロアイドル
    人気アイドルグループ「豆柴の大群」や「BiS」「BiSH」などのプロデューサーとして知られ、音楽会社である株式会社WACK代表取締役も務める渡辺淳之介氏(37)が、ハロー! プロジェクトの「アンジュルム」元メンバーで、昨年よりアイドルグループ「ZOC」に加入した巫まろ(かんなぎまろ・26)と半同棲していることがわかった。渡辺は既婚者であり、巫とは不倫関係ということになる。2人は渡辺の誕生日直前の10月20日に “お忍び旅行”に出かけていた。

    【日時】2021年10月28日 19:00
    【ソース】 文春オンライン
    【関連掲示板】

    【「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサー・渡辺淳之介(37)が元ハロプロアイドルと“お手つき”不倫旅行 半同棲とも…】の続きを読む



    NO.9948072
    麻生氏コメ発言に対して枝野氏「許しがたい」
    麻生氏コメ発言に対して枝野氏「許しがたい」
     立憲民主党の枝野幸男代表は26日、麻生太郎自民党副総裁の「温暖化したおかげで北海道のコメがうまくなった」との発言について「農家の皆さんを傷つけるもので許しがたい」と宮崎市内で記者団に語った。「あまりにもデリカシーがなく、草の根の暮らしが分かっていない」と批判した。

     枝野氏は、同市の街頭演説で「温暖化で農業や水産業が苦労している。この人の暴言にはそろそろ国民が『駄目だ』と言わないといけない」と訴えた。

     松野博一官房長官は26日の記者会見で麻生氏の発言に関し「個々の国会議員の発言について政府としてコメントすることは差し控える」とした。併せて「一般論として、既に全国で気温の上昇による品質の低下等の影響が確認されている」とも述べ、麻生氏と別の見解に触れた。

    【日時】2021年10月26日 20:44
    【ソース】北海道新聞

    【麻生氏コメ発言に対して「許しがたい」と枝野氏】の続きを読む


    爆問太田「ラッパーって大抵ブサイク」「チビでガニ股」など暴言を連発 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9950795
    爆問太田「ラッパーって大抵ブサイク」「チビでガニ股」など暴言を連発

    画像:時事

    10月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)。

    この日の放送では、爆笑問題の2人がラッパーの容姿をいじる会話が繰り広げられました。

    しかし、太田光さんの発言がかなりラッパーを馬鹿にしたものだったことから、リスナーからは注目が集まったようです。

    10月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)。

    この日の放送では、爆笑問題の2人がラッパーの容姿について触れる場面が。

    会話のきっかけは、ニット帽をかぶった田中裕二さんの姿について「お前、まるでラッパーだな」と太田光さんがいじったことからスタートします。

    続けて太田さんは、「ラッパーってなんでチビが多いのかね、そんなイメージない?」と発言。

    田中さんは「そんなイメージ、特にはないけどね」と否定するも、「チビでガニ股、みたいな奴多い」、「ブサイクな顔をしちゃってさ。ラッパーってブサイクだよね、大抵」と、ラッパーへのイメージ発言が止まらない太田さん。

    田中さんも「そんなこともないです…いや、でもたしかに美形なラッパーってイメージない」と、太田さんの発言をフォローしつつも一部同意する様子を見せます。

    田中さんの同意を得られたからか、太田さんは更に「ラッパーはデブでもいいんだ、みたいな。『俺たちラッパーだから、デブでもいいんだYo』みたいな」と発言。

    チビ・ブサイク・デブと、度重なるラッパーへの容姿いじりをした太田さんでした。

    この日、「爆笑問題カーボーイ」でラッパーへの激しい容姿いじりをした太田光さん。

    かなりの問題発言に、リスナーからは

    《今のラッパーってシュッとした人も普通にいるのに、いまだに世間ではこの印象なのか》

    《歌上手くて顔やスタイルまで良かったらラッパーみたいなニッチ路線より、正統派の歌手やるだろう》

    《言いたいことはなんとなく分かる》

    など、太田さんの発言を一部肯定する声から否定する声まで、賛否両論が集まりました。

    一昔前まではニッチな分野だったラッパーという職業ですが、ここ数年は日本でも空前のラップブーム。

    CreepyNutsのR-指定さんなどメジャーなラッパーが登場し、オリコンでは上位にランクインもしています。

    また、EXILEなどが所属するLDHグループがラップグループ「DOBERMAN INFINITY」を結成したり、AAAのメンバーでもあり、SKY-HI名義でラッパー活動もしている日高光啓さんなど、これまでのイメージを覆すようなスタイリッシュな活動を見せるラッパーも。

    太田さんのイメージはかなり古いもので、考えを改めた方が良さそうですね。

    (文:Quick Timez編集部)

    【日時】2021年10月28日
    【提供】Quick Timez

    【爆問太田「ラッパーって大抵ブサイク」「チビでガニ股」など暴言を連発し暴走】の続きを読む


    八代弁護士 すぐ留学できた小室圭さん「うらやましい」 自身は「1千万円貯めるまでできず」 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9950023
    八代弁護士 すぐ留学できた小室圭さん「うらやましい」 自身は「1千万円貯めるまでできず」
    八代弁護士 すぐ留学できた小室圭さん「うらやましい」 自身は「1千万円貯めるまでできず」
     日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ八代英輝氏(57)が27日、TBS「ひるおび!」に出演。秋篠宮家の長女、眞子さんと26日に結婚した小室圭さんについて、うらやましく思ったことを明かした。

     小室さんは17年9月に眞子さんとの婚約を発表。同年12月に小室さんの母親と元婚約者の約400万円と報じられた金銭トラブルとされる問題が報道され、18年2月に宮内庁が結婚の延期を発表。18年8月にフォーダム大ロースクールに留学した。

     八代氏は「金銭トラブルについては、今さら外野が言っても…というのが正直な気持ち」と断った上で、自身はニューヨークの大学のロースクールへの留学を決めた時、「自分で働いて1千万円貯めた」ことを明かした。学費、NYでの家賃などの生活費、雑費を考え、「1千万円貯まるまで留学できなかった」と説明。「それを考えると、もし400万円都合できるなら、留学の前に、そちらを解決してから行かれる、ってのも可能だったのかな、とは思いますけども」とコメント。

     「ある意味、うらやましい。よくこの(婚約延期発表から半年での)タイミングで行けたな、と思います。非常に、それ(NY留学)決めてから、スピーディに留学できたな、と」と留学決定後すぐにNYに行けたことをうらやんでいた。

     八代氏は1988年慶応大法学部卒業後、司法試験に合格。97年に裁判官を退官し、東京弁護士会に弁護士登録。2001年、米国コロンビア大学ロースクールに留学。修了後、ニューヨーク州の司法試験に合格。現地の法律事務所に勤務後、05年秋、本拠地を東京..
    【日時】2021年10月27日 21:55
    【ソース】デイリースポーツ

    【八代弁護士 すぐ留学できた小室圭さん「うらやましい」 自身は「1千万円貯めるまでできなかった」と語る】の続きを読む



    NO.9949519
    熊田曜子の不倫が飛び火! 平井理央が6年前に明かしていた寂しい「夫婦の寝室」事情
    熊田曜子の不倫が飛び火! 平井理央が6年前に明かしていた寂しい「夫婦の寝室」事情の画像
    平井理央(GettyImagesより)

     泥沼化している熊田曜子の離婚騒動。離婚調停中の熊田は、夫をDVで訴えたものの、逆に不倫の証拠を突き付けられ、一転大ピンチとなっているが、そんな状況下でも、39歳の記念に10月15日に出版した『39 熊田曜子写真集』(双葉社)を宣伝するために精力的にメディアに出演している。

     その15日には、熊田への暴行の罪で起訴された会社経営者の夫の初公判が行われたが、一方で14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、熊田の不倫相手が「フリーの有名アナウンサーを妻に持つキー局のディレクター」であると報道。さらに20日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が熊田と不倫相手の「恋人同士のような会話が繰り返されていた」メールの写真を公開したのに続き、25日には「週刊女性PRIME」で、その有名アナは元フジテレビアナの平井理央だと断定して伝えるなど、熊田の不倫疑惑への注目度が増している。

    「平井の夫はフジテレビ局員のプロデューサーで、熊田と出会ったのは15年前とのこと。平井と結婚したのは2012年ですから、交際時期がかぶっていた可能性もあります。『週刊女性』の直撃取材に平井は、『どうしようかな……。じゃ、お名刺いただけますか。私か事務所から連絡しますので』とだけ言って最寄りの駅へ向かっていったとのことですが、25日に出演した報道番組『news TOKYO FLAG』(TOKYO MX)では、明らかに焦燥していて、目も腫れているように見えました。平井は2017年に女児を出産しており、浮気をしていた夫が許せなかったとしても、子供のことを考えるとそう簡単に離婚を切り出すわけにもいかない。しかし、相手が平井と同い年の熊田ということから突発的に“若い女性に走った”というわけではないし、不倫関係はかなり前からだったのではと推察してしまいます」(週刊誌記者)

     そんな平井は、2015年に出演した『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系・現在は『櫻井・有吉 THE夜会』)で、夫との“寝室事情”を明かしたことがあった。

    「さまざまプライベートトークを繰り広げる流れで“変なクセ”の話題になり、平井は『私、夜お風呂に入らないんです』と告白。とりわけ、お酒を飲んで酔っ払っている時は絶対に入らないそうで、匂いがバレないよう夫とは離れて寝ていると話していました。これを聞いた出演者が『旦那さんが迫ってくるみたいなことありますよね?』と踏み込むと、平井は『迫ってくるみたいな時は……あまりない。迫られない』と、夜の夫婦生活が希薄であると真面目に答えています。この時は、お風呂に入らない平井のせいでは、とネットが盛り上がっていましたが、仮にこの時から熊田との関係があったのだとすると、平井に対しては淡白というのもうなずける話です」(前出・週刊誌記者)

     熊田の夫は今月7日、熊田および、不倫相手とされる男性の双方を相手取り、名誉毀損や不貞行為に対する慰謝料請求の訴訟を起こしたと「週刊文春」は伝えている。熊田が使用していたアダルトグッズに付着していた精液が不倫相手のDNAと一致したことから訴訟に踏み切ったという。

     もし、法廷で夫の恥ずかしい証拠がつまびらかになった時、平井はどんな行動に出るのだろうか。

    【日時】2021年10月27日 17:00
    【提供】日刊サイゾー

    【熊田曜子の不倫が飛び火! 平井理央が6年前に明かしていた寂しい「夫婦の寝室」事情があらわに】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ